2015年2月号

「天の茶助」が第65回 ベルリン国際映画祭「コンペティション部門」に選出!!

カンヌ、ベネチアと並び、世界3大映画際のひとつに数えられる「ベルリン国際映画祭」。その第65回ベルリン国際映画祭(2/5〜/15まで開催。現地時間)で、最高賞の〈金熊賞〉を争う「長編コンペティション部門」に「天の茶助」が選ばれました。
過去、SABU監督の作品は「弾丸ライナー」「疾走」「蟹工船」など計7作品が同映画祭の別部門に出品されていますが、コンペティション部門へは初選出です。
また、SABU監督の初書き下ろし小説『天の茶助』も幻冬舎より4月発売予定です。

dummy

©2015「天の茶助」製作委員会

天界で、あらゆる人間の「人生のシナリオ」を書く脚本家たち。下界の人はみな、実は彼らのシナリオに沿って生きていた。その脚本家たちの下っ端でお茶汲み担当をしている茶助(松山ケンイチ)は、下界に住むユリ(大野いと)に密かに想いを寄せていた。
 ところがある日、ユリの人生の脚本に〈交通事故で死ぬ〉という運命が描かれようとしていることを知る。愛する彼女を死なせたくない一心で、人間界に降り立ってしまった茶助。
 天界で仲のよかった脚本家が動かす人間、種田(大杉漣)と彦村(伊勢谷友介)の力を借り、茶助はユリを救おうとするのだが——。

【公 開】6月27日(土)全国ロードショー
【監 督】SABU
【出 演】松山ケンイチ、大野いと/大杉漣、伊勢谷友介、田口浩正、玉城ティナ、寺島進
【ホームページ】http://chasuke-movie.com/
【配 給】松竹メディア事業部/オフィス北野

ご意見、ご質問、広告に関するお問い合わせは広告局各営業担当までご連絡ください。
この「幻冬舎通信」に掲載された記事の無断転載を禁じます。
Copyright Ⓒ 2015 GENTOSHA Inc.all rights reserved
  • 最新号に戻る
  • 幻冬舎通信
  • リンク集